不正な文字コードを削除


いくつかの投稿に、不正な文字(いわゆる制御文字等の表示されない文字)が含まれていたようで、削除するプラグインを作成して対応してみました。

プラグインでやっていることは以下の様な内容です。

サンプルコードを組み合わせただけの簡単なコードです。

上記のプラグインは、保存時ではなくて表示時に動作するプラグインですので、一旦記事を保存し直す必要があります。

こういった処理は一括で行う方が楽ではありますが、表示時に直す方が自然影響範囲が狭いだろう…という事で記事編集開始時に変換をかけています。

というわけで、問題の記事を探さなければなりませんが、妥当性検証のためのツールが W3C のサイトで公開されていますので、それを利用します。

http://validator.w3.org/feed/

チェックツールで見つかった記事をひとつづつ保存し直していけば、ひとまずは対応完了です。

というわけで、一応の問題は解決したのですが、どうも原因は

  • WordPress内蔵のエディタ
  • 漢字変換
  • Safari

あたりに問題があるような気がしています。

というのも、最近、記事の編集中にエディタがひっかかる挙動をするようになったので。

WordPress の Twitter 投稿用プラグインを導入しました


タイトルにあるように、 WordPress にプラグインを導入しました。

WordPress は Twitter 関係のプラグインが多数存在しているのですが、うちのサイトでは Social プラグインを導入しています。

はじめは Simple Tweet が良さそうに思えたのですが、実際に使ってみると自動投稿以外の設定が行えないため、自分の好きなタイミングで投稿可能な Social にしました。

……のですが、こちらもすこしばかり問題があります。

Version 2.7 を使用しているのですが、投稿時の文章の抜粋を作成する際に日本語の文字数を正しくカウント出来ずに、Tweet 時の文章が壊れてしまいます。(詳しく調べたわけではないのですけど、先頭 n 文字で切り出す処理を行っているらしき場所で、文字数ではなくバイト数をカウントしているのではないかと思われます。)

ブログ本文を投稿しない様にすれば問題はないため、件名のみを Tweet する設定で利用しています。

 

このページへのリンクやツイートによる共有はご自由にどうぞ