D3.jsを使用したグラフ描画


D3.jsを使用してリリカルなのはに登場するキャラクターをグラフ化してみました。

ちなみにデータは独断で作成していますので、

  • あれ、〜が一覧にないけど?
  • 〜のネットワークが足りない。

といった場合があります。あと、Force関係は本を読み直さないと接続出来なそうでしたので、あまり接続されていません。

Twitterとかで情報を頂ければ対応したいところ…

以下のような画面となります。

キャラクターの有効・無効をボタンに割り当てているだけなので、頭の悪いUIです。

http://mizuvm01.cloudapp.net/gadgets/d3/nano_graph/index.html?jsdata=nano.json

nano_sgraph_01

nano_sgraph_02

.

circlecheckの機能拡張案(2)


circlecheckに編集機能を

妥当な権限設定はひとまず保留して、サークル毎にお品書きやお知らせを設定出来る機能を追加してみました。

norm サークル情報表示無効(通常表示)

cinfo サークル情報表示有効

サークル情報表示を有効にすると、サークル毎に設定されたお知らせ情報が表示されるようになります。

oauth_cc 認証はTwitterOAuth

ログインについてはTwitterOAuth認証で行います。

Twitterから通知されるuser_idとcirclecheckデータベースに保存されているuser_idとの照合により確認を行っているのですが、サークルとTwitterアカウント(screen_name)を正しく関連づける方法がなく、この方法では妥当性に欠けてしまっています。

circle_row ログイン後の画面

ログイン後にサークルとTwitterアカウントが紐付いていれば、編集ボタンが表示されます。コメントは1サークルあたり最大5件まで登録可能になっています。

ここに記載している項目は検索画面でも指定する事が出来るので、「お品書き」「新刊」といったキーワードで検索する事が出来ます。

やっとBackbone.jsCouchDBの恩恵が受けられた様な気がしてたり。

このページへのリンクやツイートによる共有はご自由にどうぞ