今日のフェイトちゃん@練習中

掲載するほどの絵ではないですけど、早速リハビリを兼ねて落書きを掲載してみました。

しばらく絵を描いていないと、やっぱり絵柄が変化劣化しちゃってるみたいです。

ft_r たぶん未来の自分がみたら「(ノ∀`)アチャー」とか言いそう。

絵と言えば、正月頃に中学時代の仲間と久しぶりに飲んだのですが、そこでの話題に「昔はよくテーブルトークRPGをやっていたなぁ〜」というのが出ました。

その日はそのまま実家に帰ったので、よせばいいのに当時のキャラクターシートを探してみることにしました。

ありました。

「…やっぱり見なければ良かった。」

当時なので絵が下手なのは覚悟していたのですが、想像以上に下手でした。

手持ちのキャラクターはハーフエルフの女性と人間の男性(それぞれ別のゲーム)だったのですが、どうでもいい設定画が出てきちゃったりして、危うく正気を失いかけました。クトゥルフの呼び声で「正気度ロール」をする時はこんな時なのでしょうか。

 

よく「過去の記憶は美化される」と言いますけど本当ですね。

 

 

あんまり同人関係の記事を投稿していないような…

このところ、ずっと Nebula Device 2 や irrilcht の事ばかり書いていて、同人関係の情報を投稿していないので、同人関係で投稿を。

次回参加は、2013年4月7日の大田区産業プラザPIO「リリカルマジカル15」を予定しています。

しばらく絵を描かないでいると、絵柄が変わってしまう(単に下手になっているだけかもしれませんが)ため、そろそろ絵を描き始めてリハビリしたいところなのですが、なんだかデフォルメしたキャラクターが描けなくなっているような…

自分は絵を描くのが遅い(一週間で一枚程度)ため、入稿スケジュールを考えるとあまり時間はないかも。

コミックマーケット83 参加情報(2)

現在、当日無料配布するペーパー(というよりも冊子?)をまとめています。

 

kinko’s で印刷したのですが、以前は使用する事が出来たトレーシングペーパーが使えなくなっていました。店舗にもよるそうなのですが、出力機の変更に伴って利用出来なくなってしまったとの事…残念。

というわけで、こんな感じになりました。実際にはB5クリアファイルに納めたものをビニールパックに封入しています。(チャック付きですので、濡れたり汚れて欲しくない物を入れるのにも使えるかも。)

 

表紙が妙に堅苦しいのですが、内容は今年の振り返りとご挨拶となります。

x1 x2 当日配布のペーパー

内容物一覧

  • Page 1 – 表紙
  • Page 2 –  2012年の年賀イラスト( twitpic や deviantART に掲載しています。)
  • Page 3 – デバイスカードケース の制作について。
  • Page 4,5,6 – Pages を使用しての段組み出力(内容はやてちゃんの童話)
  • Page 7 – アインハルトさんのイラスト(本来のペーパー部分)

といった感じになっています。本ではありません[1. 見本誌の提出は必要でしょうけど。]ので、奇数枚(全 7 ページ)構成にしてみました。

 

コミックマーケット83 参加情報(1)

水凪工房は 2012年12月31日(三日目) メ – 22a で参加します。

今年販売した各種グッズを持ち込む予定です。いままではサークルスペースにアイテムを並べていたのですけど、今回は下の様にコルクボードにアイテムを配置した物をたてかける様にしてみました。

panel_c83 各種グッズ(めがねふきの説明がはやてちゃんのまま…)

新作グッズ(絵柄はメディカルシャマルケースと同じ)は「医療少女メディカルシャマル」のめがねふきです。

sample_05_v2 めがねふき ¥300-

それから FragmentalSoft さんの @ぐるぐるリリカル を委託します。リリマジ14、なのはDAYS’ で委託していたものバージョンアップ版となります。

リリマジ14、なのはDAYS’ にて入手済みの方は、今回のバージョンと同等品に出来る パッチ が提供されています。アップデータを提供すると 2012/12/31 にオープンするオンラインランキングサイト(リプレイアップローダー)への投稿が出来る様になります。

http://fragmentalsoft-ranking.halfmoon.jp/guruguru_lyrical/

当日は iPad でプレイ動画を再生します。

MPackage @ぐるぐるリリカル ¥700-

(さらに…)

RapidMiner で魔導士ランクを予想してみる

魔法少女リリカルなのはの世界では、魔導士の能力を比較する為の基準値として魔導士ランクというのが設定されていて、例えばシャマルさんなら「総合AA+」といった具合に設定されています。

主要な登場人物には大抵設定されているのですが、StrikerS に登場する軌道六課に直接関係しないキャラクターには設定されていなかったりします。(少なくとも手持ちには)

具体的には以下の三人です。

  • クロノ・ハラオウン
  • カリム・グラシア
  • ヴェロッサ・アコーズ

ちょっと気になったので、三人の魔導士ランクを RapidMiner で予想してみる事にしました。

まず、わかる範囲で魔導士ランクが判明しているキャラクターの情報を集めて CSV にします。設定だとリンカーコアが魔力を生み出す源として描かれているようなのですが、はやての場合はスキルを考慮して設定されていたりします。

真面目に分析した方が面白そうなのですが、とりあえず以下の様な情報を集めてみました。

  • 魔法資質
    • 魔力光の色
    • 使用術式
  • 特徴
    • 種族
    • 出身地
    • 瞳の色
    • 性別
  • どのシリーズに登場しているか(レギュラーメンバーかどうかや、主人公補正的な意味あいから…)

nanoha_b01 ひとまず Naive Bayes で組んでみたもの。

いきなりモデルを生成して予想をしてみても良いのですけど、大抵はモデルを生成した後にそのモデルが妥当かどうかを調べたりします。大量にデータを所有していれば「構築用」と「検証用」に分離して利用するのですが、今回はデータ少ないため同じデータを使用しました。

nanoha_b02 Naive Bayes を使用して予想が当たっているかを調べてみたもの。

同じデータを使用しているため、事前に設定されたランクと RapidMiner が弾き出した結果を比較してみるだけなのですが…

あれ、かなり当たってる…というよりも予想以上の的中率。

(魔導士ランクは分類が細かすぎるため、単純化しています。)

ちょっと当たりすぎている気がしますので、評価内容を Weight や Distribution Table で調べた方が良いのかもしれませんが、ひとまずこのままのモデルを使って、三人の魔導士ランクを予想してみます。

nanoha_b03 ヴェロッサ…

結果が出ました。

  • クロノ -> 魔導士ランクS
  • カリム -> 魔導士ランクS
  • ヴェロッサ -> 魔導士ランクB

個人的な感想だと、ヴェロッサは B より上な気がするけど…

 

というわけで、 RapidMiner で遊んでみました。

 

今回使用したデータは以下になります。

CSV

nanoha_rank.csv

RapidMiner を使ってみました

RapidMiner というのは、データマイニングを行うソフトウェアで、無料版を rapid-i のウェブサイトからダウンロードする事が出来ます。

java で書かれているアプリケーションなので、 MacOSX 上でも動作させる事が出来るのが個人的にも嬉しいところ。また、無料のソフトウェアのわりには便利な GUI が存在しています。(MacOSX 上だと、微妙に動作がおかしいところがあるみたい)

ちなみにこんな画面です。

rm4 rm3

適当な CSV が無かったので、Google Trends から「魔法少女リリカルなのは」「田村ゆかり」「水樹奈々」「植田佳奈」で検索した結果を使用しています。

上図でやっているのは、CSVを読み込んで、Naive Bayes、Decision Tree の結果を確認しているところです。(ネタをリリカルなのはにしてみたかっただけで、実際に何かを調べているわけではないです…)

検索しても日本語のページがほとんど出てこないけど、これを使いたい様な人は R や SPSS といったものを利用しているから、あんまり需要はないのかも。

おまけで使用した CSV ファイルを貼付けておきます。

[wpdm_file id=8]

アインハルトさん@多分ペーパー用

e02 アインハルトさん

いつもと同じ様に ArtRage Pro 3 で作成しました。グッズ用の画像は完成後のサイズが 4cm x 4cm ぐらいですので、あんまり大きな画像は作成しないのですけど、こちらはペーパー用を考えていたので大きめな画像です。

それにしても下書きからずいぶんと顔が変わってしまいました…

 

 

今日のイラスト

 今日のアインハルトさん。

 今日のヴィヴィオ。

もうすぐコミックマーケット83ですね。

水凪工房では新作のシャマルさんグッズと、珍しくペーパー[1. 本当は一周年記念で本を出そうと思っていたのですが、ちょっと無理でした。]を配布する予定です。(既刊のグッズも持っていきます。)

そんなわけで、上の画像はペーパー用の画像として作成しているものです。趣味でこの二人を描く事はありますけど、まだグッズにした事はないですね。描くのが難しいからかもしれません。

 

形態素解析を利用したウェブサービス

Twitter に形態素解析をしてくれるウェブサービスの事が流れていたので、自作の小説「魔法少女リリカルなのはA’s FanFiction」を試してみました。

説明によると、Yahooデベロッパーネットワークが公開している形態素解析を使っているようです。

結果は以下の様になりました。
地の文中心の文体のようです。
かな:漢字の比率は読みやすい範囲だと思われます。
1つ1つの文章の長さは平均的です。
読みやすいと思います。
文体やテンポにもよりますが、平均と比べやや副詞が少ないようです。
指示語によって文章がうまく流れています。
接続詞が多めに挿入されています。
文章運びがやや論理的かもしれません。
体言止めはほとんど使われていません。
連用中止法の使用頻度は平均の範囲内です。
自立語における名詞の比率は平均の範囲内です。
名詞比率は文章が説明的・要約的かどうかに関係します。
物事を形容する言葉と動きの描写の比率は平均的な範囲です。
MVRが低いと動き中心、高いと形容中心となります。

形態素解析については詳しくないのですけど、上の結果を読むと「平凡な文章だけど理屈っぽい、または説明的」といったところでしょうか。

あくまで解析なので、文章を構成する要素から判定しているだけなのでしょうけど、今読み返してみると情緒的なものはあまりなくて、状況をなぞっているだけな文章ではあるので、わりとあっているかも。

なのはDAYS’ に参加します。

2012年11月11日に京都市勧業館(みやこめっせ)で開催される「なのは DAYS’」に参加します。

  • 日時 2012年11月11日(日) 11:00〜14:30
  • 場所 京都市勧業館(みやこめっせ)
  • 主催 なのはParty開催委員会
  • 協賛 なのはFestival実行委員会

水凪工房の場所は Vd32 となります。

遠隔地なので持ち込めるグッズは少なくなってしまいそうですけど、リリカルマジカル #14 に持ち込んだグッズはなるべく持ってくる予定です。(以下確定しました)

もしかしたら終了まで居ないかもしれませんので、そのときは申し訳ありません。

取り扱いグッズ

  • はやてとリインのめがねふき [¥300]
  • デバイスカードケースA(レイジングハート) [¥800]
  • デバイスカードケースB(バルディッシュ) [¥800]
  • デバイスカードケースC(グラーフアイゼン) [¥800]
  • メディカルシャマルボックス [¥500]
  • リリカルスポーツタオルA(なのは・フェイト・はやて) [¥600]
  • リリカルスポーツタオルB(ヴィータ・シグナム・シャマル・ザフィーラ) [¥600]
どのようなグッズなのかは制作物一覧をどうぞ。

取り扱いグッズ(委託)

お買い上げ頂いた方には、ブックマーカー(リリカルトリオかヴォルケンリッターのどちらか)を差し上げます。

それでは当日よろしくお願いします。

京都のイベントに参加予定です。

なのはPartyのウェブサイト上にサークル一覧(暫定版)が公開されたので、こちらにも告知を掲載します。

 

水凪工房は基本的に東京のイベントに参加(というよりもリリカルマジカルだけ)しているのですが、京都のイベントに参加してみることしました。

最近はGoogleMap等があるので大丈夫だとは思うのですけど、全く土地勘がない(修学旅行で行った事があるぐらい…)状態で迷ったりしないか、ちょいと心配です。

今のところ、リリカルマジカル14に持っていったものと同じものを持っていくつもりです。

 

ところで、今でも太秦萌というキャラクターのポスターを見ることが出来るのかな…

フェイトちゃんのハロウィン風味

 

ハロウィンは自分とってあんまり馴染みがないイベントなのですけど、シーズンが近づくとショッピングモールが飾り付けをはじめたりすることで実感します。

というわけで、ハロウィンぽいのを描いてみました。

上の絵もいつも通りイーゼルに画用紙をセットして描いているのですが、毎日練習していると、だんだんと机で描くよりも良いかも…と思い始めています。

買ったばかりの頃は、

「あぁ〜重力に腕が持っていかれる!」「姿勢がつらい…」

と思っていたのですが、慣れてくると机に紙を置いて描いていた頃よりも作業しやすく感じるようになりました。

絵について

左側は紙に描いたもので、デジカメで撮影後、ArtRage上でトレスして色鉛筆風味に彩色してみました。ハロウィンの仮装だけどバリアジャケットっぽい感じ…と思って描いたら、ベルト部分のイメージが強すぎてわりとバリアジャケットそのまんまになってしまいました。

 

魔法少女リリカルなのはA’s の FanFiction

Sony Reader を買ったので FanFiction を PDF 化

だいぶ前になるのですが、SONY PRS-T2 を購入しました。というわけで deviantART に掲載されている FanFiction を PDF 化してみました。(ちなみに作成は Pages を使用)

変換するだけでそれなりに読めるようになる…と思っていたのですけど、文字サイズ等を調整する必要があるみたいです。電子ブックといいながら横書き二段組みなのは、 Pages が縦書きに対応していないためだったり。

魔法少女リリカルなのはA’s FanFiction 1

 

アナログでイラスト

最近アナログで描くのが楽しくなってきました。

下描き自体は元々紙に描いていたのですけど、その時から気になっていたのが絵が縦長になってしまうことで、なんとかならないかと思ってイーゼルを思わず用意。

貼り付けた画像は、ねりゴムをモニュモニュしながら鉛筆でカリムさんを描いてみたものです。