久しぶりの加工作業

B5の薄い本を棚に収めるとき「仕切りが欲しい」と思ったときはないでしょうか。

例えば「作家別」「ジャンル別」といった分類です。

仕切り方としては、型紙やクリアファイルを間に挟み込んだりといった方法がありますが、出来ればかっこよく仕切りたいものです。(自分だけかもしれませんが)

前置きが長くなりましたが、久しぶりにレーザーカッターを使用してアクリル板をカットしてみました。

タグ部分は引っかけてつまみやすい様になっています。

肉抜きしている部分はデザインではなくて、差し込むときに奥が完全に密着しない様にしています。(単に気分の問題…)

B5のサイズよりちょっとだけ小さいです。

イース8のリコッタちゃん

エンディングにたどり着いたので、記念に描きました。

クリア後は、リコッタで釣りをするゲームとして遊んでます。
大物を釣ったときの嬉しそうな顔がかわいいです。

でも、リコッタだと深いところに入ると身長が足りなくて溺れてしまうのであった…

個人的に面白かったところは「アドル」という主人公の立ち位置が、他社からどう見えるのか?

と言う点に触れられていた事です。

今回の導入部を遊ぶと、やっぱりそう見られているのか〜みたいな、世知辛さを感じたり感じなかったり…

 

JOYSOUNDのスコア

久しぶりにJOYSOUNDで歌ってみました。

JOYSOUNDの採点システムはアップデートのタイミングで採点方式が変わるため、同じ様に歌っても採点結果が変わる事があります。

自分はカラオケが上手いというわけではないのですが、採点システム自体の構造には興味があり、たまに採点機能を有効にしているのですが、新しいシステムで90点台が出なかったので音声入力方法を変更してみたところ、90点台が出ました。

分析採点をしてみると、どうも音程が大きく離れた部分で認識が正しくされないようで、早めに音程をずらして入力するようにしています。あと、音量が一定している方が点が高くなるのかどうかわかりませんが、自分の場合あまり感情を込めずにわりと棒読みで歌った方が高得点になりました。たぶん、音程は合っているけどたぶんつまらなそうに歌っているように聞こえるかも…

自分はビブラート等での加点が少なく、減点されないように歌うからというのもありそう。

インテックス大阪に行きました

インテックス大阪に初めて行きました。尤も、インテックスどころか仕事以外で大阪に降りるのは初めてだったりします。

同人イベントはほぼリリカルマジカルのみへの参加なのですが、行ける機会があれば行ってみよう…という事で一般参加しました。新大阪からコスモスクエア(インテックス大阪の最寄り駅)まで、道自体は平坦ですが結構な距離があり、サークル参加する事があったら荷物は結構減らさないとだめかな…とか思ったり。

ちょっとした非日常が味わえました。