iPhone/iPad用のポーズ人形

ArtPose, Easy Poserについてのメモ記事。

iPad Air2でキャプチャーを行いました。

ArtPose Pro

http://art-pose.com

ArtPoseには三種類のラインナップがあり、以下の三種類がリリースされています。

  • ArtPose Male Edition
  • ArtPose Female Edition
  • ArtPose Pro

それぞれ700円前後で販売されていますが、ArtPose Pro以外は男性モデル・女性モデル専用版ですので買う必要はないです。

基本画面

モデルは最大で二体まで表示させる事が出来ます。体型については若干の変更が可能です。(痩せ・中・太り(筋肉質)程度の切替)

ポーズ操作

ArtPoseの操作は動かしたい関節をクリックしてから、スワイプする事でその場所を回転させます。このとき一本指か二本指かで回転軸が変わります。

ポーズについては自分でつける以外にプリセットからの選択も可能です。

操作自体は割と直感的ですが、リアルよりな造形です。

手の調整

手の形はプリセットの中からの切替のみとなります。

自分はこれを弄ってポーズを考えて、気に入ったポーズが出来たらスクリーンショットで保存しています。

Easy Poser

https://madcatgames.tistory.com

Easy Poserは広告付きの無料版とアプリ内課金による有料版(600円前後)があります。(画面はPro版)

無料版では操作自体は行えますが、

  • 保存が出来ない
  • 一体しか配置出来ない
  • 選択出来るモデルが少ない
  • プリセットポーズが一部しか選択出来ない

といった制限があります。

ArtPoseはリアルでしたがこちらはマンガ・アニメ向けのモデル構成となっています。モデルには大人・子供の男女が用意されていたり、四頭身のモデル等もあります。

また、小物を持たせたり簡単なボックスを配置したりも出来ます。

ポーズ操作

ポーズの設定は動かしたい場所を選んでから、表示されるスライダーをドラッグする事で行います。ArtPoseに比べるとやや直感的ではないですが、

手の調整

手の形はプリセットから選択する事も出来ますが微調整も可能です。

出来なくはない…といった感じで結構面倒かも。

ファイアーエムブレムをはじめました

スーパーマリオランを遊んでいた流れでファイアーエムブレム ヒーローズをはじめました。

 好きなキャラクターを配置できる様にして欲しいかも…

…って思ったら、上の方にいる四人は選択中の編成メンバーみたい。

元々のジャンルはシミュレーションRPGですので、今作も自分には難しいかな?と思っていたのですが、おまかせモードで9章まで終える事が出来ました。(こういうタイプのゲームって何をやっていいのかわからないもんで…)

.

あんまりユニットの能力とか考える知能を持っていないので、編成は雰囲気で選んでいます。

 おまかせモードにすると敵に突撃していって袋叩きされるけど、そんな無鉄砲さがまたいい。あとなんとなくおにぎり好きそう。

 声が杉田さんということで選びました。名前も某提督に似ているような気もしたりしなかったり。

 おまかせモードにすると気のせいかやたらと兄を応援(防御力アップ)する妹。

 名前がベルカという理由だけで使っている人。

レアリティの高いキャラクターは攻撃してくる敵を返り討ちにしちゃったりするので、特定のキャラクターだけを重点的に育てたい場合、編成に含めづらいような気がしました。

ストーリーを遊ぶだけだとあっという間に終わってしまうのですけど、キャラクターを育てながらおまかせモードを眺める、という部分になんだか楽しさを見出したので、しばらく遊んでみようと思います。

GarageGames の Torque

GarageGames が販売していた Torque が、 Torque2D, Torque3D という名称になり、ソースコードが github にて公開されました。

また、ライセンス形態も MIT License となりました。ソースファイルには、 VisualStudio と Xcode 用のプロジェクトが含まれていて、依存関係のあるモジュールも全て付属していますので、ビルド環境さえ用意すれば、 Windows用、 MacOSX用、 iOS用(手元の環境では未確認)の実行ファイルが手に入ります。

Torque2D 上で Torque Script を弄ってみたところ、構文にクセがあるように感じました。(とはいえ、これは自分が Python プログラマだからそう感じているだけかもしれません。)

基本は、 SceneObject を生成し、そこに Sprite や Particle をぶらさげていくというシンプルなものです。コリジョンは Box2D が提供されているので、必要に応じて Sprite に割り当てるだけで実現出来ます。実際に付属しているデモは、ほとんどが Sprite と Box2D を使用したものとなっています。

機能的な比較をすると、 cocos2d-x の方が高性能だと思うのですが、前述のようなシンプルな仕組みの方が Python を組み込み易そうだったもので…

ちょっと気になったのは、 Torque2D の時間管理が Time ベースに見えるところ。ドキュメントには Time と Tick があるような記述があるけど、 Torque Script からはどうやって指定するんだろ…フレーム固定のゲームというのは好まれないという事なのかな。

EMERGENCY HD

災害救助物の RTS 「EMERGENCY HD」を買ってみました。

同じようなゲームだと、 Fire Captain を遊んだことがあるのですけど、 iPad 版だからなのか、こちらのゲームは結構簡略化されているのかもしれません。

Fire Captain と同じように消防士のゲームなのかと思っていましたが、ステージによってはテロリストから大統領を守るといったシチュエーションがあったりして。

EMERGENCY ではあるから、タイトルに偽りはないのかな。

iPad で動画を連続再生する方法

同人イベントでゲームソフトを説明するには、実際に動いているものを見せるのが手っ取り早いのは間違いありません。ですが、様々な理由から PC を設置する事が出来ない場合があります。そんなとき、長時間の動画再生が可能なタブレット端末はかなり重宝するのではないでしょうか。

手元に iPad が戻ってきたので、動画を連続再生させる為の方法をメモしておきます。

連続再生をさせる方法

  1. まずはアルバムを作成します。アルバムの作成は iPad 上でも Mac 上の iPhoto でもかまいません。
  2. 作成したアルバムに動画を追加していきます。ただし、アルバム内には複数の動画、または画像が含まれるようにします。
  3. iPad の設定から写真を選択し、リピートをオンにします。
  4. iPad の写真アプリからアルバムを選択し、スライドショーを選択します。
  5. あとはずっと再生し続けます。

どうやらアルバム内に複数枚のデータが存在しないと繰り返し再生をせずに終了してしまうようです。

また、実体はスライドショーですので画面に触れる(再生位置を変更したり、早送り等も含みます)と、そこでスライドショーは止まります。

…というわけで、再生中は何があっても触れてはいけません。

 

動画がひとつしかない場合は、適当な画像(例えば真っ黒の画像)を用意してアルバムに追加しておけば、(見かけ上)同じファイルが再生されているように見えます。

 

もしかするとバージョンによって挙動が異なるかもしれません。

動作確認は iPad 初代( iOS 5.1.1 ) で行いました。

カテゴリー iPad