池袋のタカセでお昼ごはん


タカセ池袋店でお昼を食べました。

洋食弁当はちょっとづつ色々なものが食べられてなんだか嬉しい。

 洋食弁当

餡子餅入りの白味噌雑煮


 餡子餅がふたつ!

今年もせとうち旬菜館で食べてきました。

愛媛と香川のアンテナショップなので、うどん的な食品もかってみたりして。

 いわし煮干しエキス…

普通にうどんも買っています。

カンガルー肉というのを食べました


ちょっと前になってしまいますけど、カンガルー肉というのをはじめて食べました。

cniku これがカンガルー…

見た目は普通のお肉っぽいのですけど、口に入れた瞬間すぐに「あ、これは違う肉だ」ってのを感じます。(つまり獣臭い)

味自体は結構さっぱりしていて美味しく食べられました。

チョコレート味の豆腐


マスカルポーネテイストという路線で相模屋が販売している、「チョコレート味の豆腐」を食べてみました。

tofu_s 一体どんな味が…

あれ、美味しいかも!?

クリームのようなババロアのような…そんな感じの食感で、豆腐を食べている気が全くしませんでした。

また食べてもいいかも…

牡蠣を食べ比べ!


以前から行きたいと思っていたオイスターバーに初めて行きました。

os_01 お通し(だったと思います)

お通しとして出された牡蠣、この時点でおいしい。

牡蠣を食べ比べるという経験が無かったため、「食べ比べが出来る」というのも楽しみにしていました。

色々な牡蠣を注文

前述したように食べ比べをしてみたかったので、色々な産地の牡蠣を注文。

os_02 五島列島・小長井・大黒島

os_05 丸エモン・パシフィック…と何か。

os_07 相生・竹崎・雅

味の好みによって違うのかもしれませんが、値段が高いほど美味しかったかも。

自分が食べた中では、大黒島というのが一番美味しいと感じました。

他に食べたもの

os_03 アンチョビのフォカッチャ

os_04 牡蠣のクラムチャウダー

os_09 牡蠣パスタ

今までなんとなく牡蠣を食べていたのですけど、食べ比べてみて「味が違う!」というのを、もの凄く実感出来ました。

また行ってみたいけど、自分の周りにはあまり牡蠣を食べたいと思ってくれる人がいないのでした…

香川県のお雑煮


今年もお正月に「お雑煮」を食べたのですが、香川県では白味噌に餡餅を入れて食べるという話を教えてもらいました。

「白味噌に餡」という話だけを聞くと、それは無いんじゃないかな…と思ってしまうのですが、新橋にある「香川・愛媛 せとうち旬菜館」の二階にあるお店で食べられるとの事で、実際に食べてきました。(食べられるのは1月4日〜1月15日まで)

kagawa_02 白味噌に餡餅

やっぱり食べてみないと判らないですね。良い意味で予想を裏切ってとても美味しかったです。ただ、やっぱり餡餅を食べるので料理というよりも一風変わったデザートみたいな感じでした。

 

他にはこんなのを食べてみました。

オリーブ牛赤味ステーキ~バルサミコ醤油ソース~

kagawa_01 実はふた切れほど食べた後に撮影…

一緒に付いてくるバルサミコ酢か塩で食べるのがお薦めの様ですけど、愛媛のたまり醤油で食べるのが一番美味しく感じました。

串おでん

kagawa_03 ふつうっぽい

普通のおでんに串をつけているものなのですが、お好みで柚子辛子を付けて。

一階のお店で愛媛のたまり醤油を買って帰ろうかと思ってたら、既に閉まってたのが残念。

新橋に来ることはほとんどないけど、寄ることがあったら買って帰りたい。

カレー食べました「もうやんカレー」


新宿のもうやんカレーを食べてきました。

mouyan 300g

二週間煮込んだというのが特徴なのだそうです。

自分はキノコカレーにチーズトッピングを頼んでみました。

辛さやご飯の量も選択出来るので、一緒に食べた友人が10辛を頼んでましたがさすがに辛そうでした。

ただ、10辛を食べた後に自分の5辛(普通の辛さ)を食べると甘い感じがしたので、ちょっとぐらいは辛めの方が美味しく食べたかもしれません。

ラーメン食べました「良馬」


bakotsu 馬骨です

ラーメンのスープを作るのに豚骨を使うという話は良く聞くのですけど、こちらのラーメンは馬骨を使用しているそうです。

〜骨ラーメンと書かれると、豚骨ラーメンなイメージばかりが浮かんでしまうのですけど、結構すっきりした味のラーメンでした。

(卵は追加でトッピングしました。)

馬骨を使用したラーメンというのは初めて食べたのですけど、こういったすっきり風味になるのが特徴?

臭みなんかもなくて、オーソドックスな感じのラーメンでした。

 

わりと手抜き料理


フライパンをチタンコーティング[1. T-fal IHスカーレット]のものに変更してみました。

いままでは、あまり油を使わなくても済むようにテフロン加工のものを使用していたのですが、テフロン加工は樹脂コーティングなので、金属製のフライ返し(ターナー)を使用すると、コーティング部分を剥がしてしまいます。

というわけで、テフロン加工製以外で、「手入れが容易」「頑丈」なものを探していたところ、 T-fal 製品を見つけて手に入れました。

test_ss そんなわけで使ってみる…

この流れで作るのが米ってのはどうなんだろう?

ひとまずタイカレーを作りながら米を炊いてみました…チタン関係なかった。

後ろにすき焼きのたれが見えますが、豚肉を焼いた後に、もやしとえのきを大量にいれてすき焼きのたれを絡めながら炒める…という、どこかのアイドル的な料理をする際に使用します。

もやしって大量に買っても安いですし。

洋菓子店色々


突然洋菓子のお店を紹介…というよりもいつ使うか判らない自分用の覚え書きです。

オーボンヴュータン(AU BON VEUX TEMPS)

尾山台にあるフランス菓子・喫茶です。

見た目も美しくて味も申し分ないのですけど、ひょっとしたら子供ウケは良くないかも。ブランデー等を使用しているものもありますので、極度にアルコール耐性のない人も注意。(事前に予約して作って貰ったときにはアルコール抜きをお願い出来ました)

ちょっと変わった物だと、プティフール・フリアンディーズという、一口洋菓子のを詰め合わせセットといったものもあります。

このお店に行くと何故かオレンジピールを買ってしまう…

モンサンクレール

自由が丘にある焼き菓子のお店です。

駅からわりと遠いところにありますので、初めて行くときには地図を見ながらの方が良いかも。

書いておきながら焼き菓子しか買ったことしかなかったりして…

いつかケーキも買ってみたい。

パティスリーエール(PATISSERIE R)

こちらは九品仏にあるケーキ屋さんです。

色々食べてみたい欲張りな場合はかなりお薦めです。

プチフールというのがあって、20種類ぐらいの中から好きなように箱に詰める事が出来ます。どれも一口サイズです。(用意されている容器は、5、10、15個入りのどれか)

オーボンヴュータンのプティフール・フリアンディーズも一口洋菓子のセットなのですけど、こちらは自分の好きなように詰めることが出来るってのが嬉しいです。

 

ヴォルケンリッターケーキ


 

毎年はやてちゃんの誕生日が近くなると、ケーキを作ってサークルメンバーで食べているのですけど、今年は自分も含めて集まることが出来ませんでした。

誕生日は過ぎてしまいましたけど、今年もチャレンジしてみました。

birthday_cake 夜天のケーキ 2014

去年はキャラクターケーキだったので、今年のは随分と地味かも。

ケーキの説明

材料
  • ケーキ5号(チョコレート風味)
  • 生クリーム 200ml x2
  • 粉糖 50g
  • ゼリエース
  • 寒天ゼリー
  • ココアパウダー
  • マジパン
  • いちご(1パック)
  • 冷凍ラズベリー
ちゃんとマジパンを使いました

去年のケーキは「夜天の書」「アインス」「はやてちゃん」が樹脂粘土だったのですが、今回はちゃんとマジパンで夜天の書を作ってみました。…黄色の粉糖があれば、もうちょっと再現度が高く出来たかも。

カバーの部分は、ココアパウダーを練り込んで色を出しています。

ヴォルケンズをイメージした星型のゼリー

ヴォルケンリッター達のイメージカラーに合わせてゼリー(寒天)を用意しました。

  • 「ストロベリー」…ヴィータ
  • 「マスカット」…シャマル
  • 「グレープ」…シグナム
  • 「青(寒天)」…ザフィーラ

去年もクラッシュゼリーでデコレーションしたチーズケーキを作りましたが、今回はケーキだけなので星型に型抜きをしたものを並べています。

青いゼリーで手頃な物が見つからなかったので、富澤商店の寒天ゼリー(クリアー)に、青色着色料を混ぜた物を使用しています。

僅かな量でかなり濃い色が出ますので、いきなり寒天に着色料を入れずに、一旦水に溶いてからちょっとづつ混ぜるのがお薦め(普通そうなのかもしれないけど…)です。

ケーキ側面

側面は生クリームにココアパウダーを混ぜた物を使用しました。

今回は全面的にココア色に仕上げようと思っていたのですけど、ゼリーの色を綺麗に出すには下地を白にすべきなので、急遽ホイップクリームを作り直しました。中途半端な処理の結果、境界線の部分で生地が見えちゃいました。

最後にココナッツをちょっとだけふりかけて完成です。

改善点とか
  • 時間短縮の為にハンドミキサーで泡立てたのですけど、クリームが程よい硬さになりませんでした。ある程度泡立てたら、最後は手でかき混ぜた方が良かったような。
    • 泡立てはゆっくり入れる。
    • 粉糖はある程度混ぜてから入れる。
    • レモン汁を数滴(100gあたり二滴)入れる。
  • マジパン細工は最初にやるべき。
  • やっぱりケーキの回転台が欲しい…

おまけ

過去の誕生日ケーキ

screen_01 はやてちゃんケーキ 2013

591950726 はやてちゃんケーキ 2012

 

ラーメン食べました「五ノ神製作所」


ramen_01 トマト風味なつけ麺でした。

つけ麺なのですけど、イタリアン(トマト+海老+バジル)な味付けで、結構パスタ好きな自分は楽しめました。

海老の香りがやや強めですけど、看板にも海老の絵が入っていますので、偽りなしな感じですね。

パンが付いているのがちょっと面白いです。

 

ラーメン食べました「めん創桜花」


ramen_02 特製つけそば

器に入らないぐらいの炭火炙り焼き叉焼が特徴的な感じです、写真だと見えないのですけど叉焼二枚につみれが二個入っています。

ちょっと噛み応えのある麺と食べ応えのある叉焼がお腹いっぱいにしてくれました。

 

ラーメン食べました「麺バカ息子」


ちょっと前に蒲田にある「麺バカ息子」に行ってきました。

蒲田はイベント(リリカルマジカル)があるときに降りるぐらいなのですけど、それ以外だとたまにとらのあなやユザワヤに行くときぐらい。

以前にも友人と一度行ったことがあるのですけど、店のレイアウトがカウンターのみからテーブル席+カウンターに変わっていました。

ramen 「特製バカつけ麺」

麺がものすごく太いです!

噛みしめて味わう感じ…といったら良いのでしょうか。そんな感じの食べ方になります。

麺が太いからなのかわかりませんけど、ものすごい「食べた」感が得られました。

 

今日食べた料理


今日食べた料理を Sketcher で加工してみました。

お店は品川の Mon-TERCERO です。

NOKIA Lumia 900_000246_s 写真

m2_s Sketcher で加工

NOKIA Lumia 900_000250_s 写真

m1_s Sketcher で加工

パエリアは久し振りに食べたのですが、焼いて香ばしくなった部分と真ん中当たりの柔らかいお米の部分を一緒に食べるのが美味しい。

写真にはないのですが、砂肝とレバーのアヒージョも食べました。(アヒージョって初めて食べたかも。)

この近くにあったオイスターバーにも行ってみたいところ…

はやてちゃん、誕生日おめでとう!


6月4日は八神はやての誕生日!

と言うことで、去年に引き続き今年もケーキ作りにチャレンジしてみました。

screen_01 誕生日おめでとう!ケーキ。

はやて、アインス、夜天の書はマジパンで作りたかったのですけど、そこまでの技術がないため樹脂粘土で雰囲気だけを楽しむことにしました。

screen_03 食べるモードの状態。

昨年ははやての絵を描くだけで精一杯だったので、今年はケーキ本体にも力を入れました。何気に星型の金箔をちりばめちゃったりして。

ケーキの中にもベリーミックス(ブルベリー、クランベリー、ラズベリー、ストロベリー)を挟み込んであります。

ヴォルケンリッター達も作ってみました。

screen_02 ヴォルケンリッター達をイメージ。

はやてとアインスのケーキは出来たけど、やっぱりヴォルケンリッターも八神家としてなんとかしたい!

というわけで、一口サイズのチーズケーキ(アイス)を作ってみました。

  • 赤)クラッシュゼリー(ストロベリー)にブルーベリー
  • 赤)クラッシュゼリー(ストロベリー)にイチゴ
  • 緑)クラッシュゼリー(メロン)にミントチョコ
  • 青)クラッシュゼリー(ブルーベリー)にココナッツスライス

最後にアラザン(銀色の粒)をちょっとふりかけてありますが、ヴィータだけには、星型のカラーシュガー(金平糖みたいなもの)をふりかけています。

ちなみに去年つくったケーキはこんなのでした。

591950726 手描きのチョコ(はやてと夜天の書)をのせています。

583155032 元画像です

この絵をトレースしたのですけど無謀すぎました…

 

ホイップクリーム作り


「作る」といっても、やることは生クリームを泡立てるだけ…

と、思いたいところなのですが、ケーキ用にクリームを泡立てるときは二種類のホイップを使い分けるとより綺麗なケーキを作ることが出来ます。

ホイップクリームは泡立てるほどに硬くなっていくのを利用して、

硬いホイップクリーム

スポンジケーキの周りに塗って形を整えます。特に側面に塗る時にはたれたりしないので便利。

普通のホイップクリーム

ケーキ上部に塗るのに使用します。やや柔らかめの方が滑らかな面を作ることが出来ます。

頭ではわかっているのですが、綺麗な表面を作り上げるのは難しいかも。

マジパン作りに挑戦してみました


マジパン(マルチパン)というのは、アーモンドプードルとパウダーシュガーを混ぜて作る食品で、言うなれば食べられる粘土といったところでしょうか。

材料自体はすぐに揃えられるものばかりで、以下のものがあれば作ることが出来ます。

  • アーモンドプードル(アーモンドの粉末)
  • パウダーシュガー(粉糖)
  • 卵白(作るだけなら水でも大丈夫)

パウダーシュガーを極少量の水で溶くと水飴の様な状態[1. アイシング等で使ったりします。]になるのですが、この状態にアーモンドプードルを加えていくと、徐々に粘土の様になっていきますので、程よいところで止めれば基本は完成(多分)です。

完成したマジパンは、着色料を混ぜたり乾いたところに彩色をする事で、ケーキ等にアクセントを添えることが出来る様なのですが…実際に作って練り始めると、アーモンドプードルから油(卵白?)が染み出てきてしまって、うまく練ることが出来ませんでした。

もっと少量で試すべきだったかも。

タイカレーイエローを食べてみました


近所のスーパーでタイ食材フェアをやっていたので、試しにチキンカレーを買ってみました。

買ったのは yamamoriタイカレーイエロー

タイと言えばトムヤムクンかもしれませんが、やはり独特の風味が受け入れられなかったので、最後まで食べられそうなものを選びました。

自分は辛いものがわりと苦手なのですが、あまりクセもなく最後まで食べられました。

味としては辛いというよりも、すっぱい近かったかも。

ところで yamamori のページを見ると、「ヤマモリタイカレーの歌」というが貼り付けてあり、聞くことが出来るのですが、社員とタイ人研修生で作成したと書かれてあります。

こういう社内で作ったものを公開するというのは、面白いなぁと思いました。

そういや、日立も「サーバーフェアリーシン&しん」というのがあったけど、これも社内で作ったキャラクターなのかな…

 

quick milk を買ってみました


quick milk というハンガリー製のお菓子を買ってみました。

飲んだことありませんけど、 ミルメーク を同じ方向の食品として、子供に牛乳を飲ませる時に使う物でしょうか。

WP_000182a 写真はストロベリー味です。

ミルメークと違うのは、ストロー状なので飲み方で味が変わるのが面白いです。

どうでもいい事ですけど、自分はコーヒーを飲む際には、牛乳をかなりの量入れて飲みます。そんなわけで、冷蔵庫には牛乳が常備されています。

…ほんと、どうでもいい情報でした。

 

このページへのリンクやツイートによる共有はご自由にどうぞ