異端の統計学 ベイズ

異端の統計学 ベイズ

シャロン・バーチェ・マグレイン(著)、冨永星(訳)

https://ebookstore.sony.jp/item/LT000110231000882425/

数学の技術書ではなくて、生まれた背景や歴史について記載された本。ベイズそのものの説明ではないのですがベイズが生まれた背景や適用されている場所について記載されているので、「実際に活用されている数学」というのを多少ですが実感出来ます。

読んでいると歴史が繰り返されている感も味わえました。