macOS上でnnabla-c-runtimeをbuild

SONYが公開しているnnabla-c-runtimeのbuild方法のメモ

必要なもの

Xcodeは既に導入済みであることが前提です。

必要なバイナリ

make内で呼び出されます。個別に配置してもよいですが、brewでインストールしてしまうと楽です。

  • CMake
  • clang-format

必要なPython Packages

make内で呼び出されます。

  • autopep8==1.5.4
  • certifi==2020.12.5
  • Mako==1.1.3
  • MarkupSafe==1.1.1
  • pycodestyle==2.6.0
  • PyYAML==5.3.1
  • toml==0.10.2

準備が出来たら以下の様にmakeを呼び出すだけです。

make -f GNUMakefile nnabla-c-runtime-build

buildが成功すると、buildディレクトリ内にライブラリがまとめられたzipファイルが生成されます。

この記事を書いている段階ではnnablaは1.15.0.dev1ですが、c-runtimeは1.2.0.dev1_c1となります。c-runtimeは標準的なcで実装する事で、移植性を高めた物ですが機能は限定的なものとなります。

どの機能が使用できるかは、zip内に同梱されているdoc/SUPPORT_STATUS.mdに記載されています。