pixivPayをインストールしてみました

うちのサークルは商品点数が多いので、少しでもレジの負荷を緩和できないかなと思っていたところ、pixivPayのレジ機能が使えるかも…ということでインストールしてみました。

pixivPayで出来ること

pixivPayは販売(店側)と購入(客側)の両方を兼ねているアプリとなります。

 トップ画面

利用するにはpixivアカウントと携帯電話番号(番号を登録するとSMSで番号が通知されてくるタイプの認証が初回にあります)が必要です。

QRコードを読み込んで決済する場合は「支払う」を選択する事でQRコード読み取り画面になります。

今回はレジとして利用するので下部メニューからマイページを選択します。

 マイページ

マイページを開くと取引一覧を管理する画面が表示されます。

レジなので商品の管理を選択します。

 商品管理画面

(上図では既に商品一覧が表示されています)新しく商品を登録する場合は、下部メニューの商品を登録から、編集する場合は商品をタップします。

  登録と編集画面

商品は「写真」「商品名」「値段」「成人向けか」の4項目を設定出来るのですが、全てが設定されていないと登録出来ません。

その場で写真を撮影するのでなければ、事前に問題のない画像(例えば単なる白画像)を用意しておくのが良いです。

 マイページ

登録が終わったらマイページに戻って、今度は販売を開始するをタップします。

 レジ画面1  レジ画面2

先ほど登録した商品画像が表示されます。

タップすると左上に数字が表示されて、現在の合計金額が下部に表示されます。誤って選択してしまったりした場合は、画面を下にスワイプしてから戻すとリセット出来ます。

個別にキャンセルする場合は、後述のお会計するをタップした画面で行います。

商品が全て決まったら、お会計するボタンをタップします。

 お会計画面

決済方法は現金とQRコードが選択出来ます。

商品リスト横にある×ボタンを押すと、リストから削除出来ます。

現金ボタンをタップとその時点で「確定」となってしまいますので、商品やお釣り等諸々を渡した後で押すのが良いです。

ただ、レジシステムとして考えると「お預かり」という段階がない為、おつり計算は自分でやるしかありません。

電子決済にする事で「お預かり」や「釣り銭計算」という手間を省くのが目的なので、そう言うものかもしれません。

ただ、現金 -> お預かり(受け取った金額の記入画面と釣銭表示画面) -> 確定といったフェイズがあると嬉しいなと思いました。

 マイページ

マイページから販売したものを選ぶと販売した商品の履歴を管理する事が出来ます。

  

テストで購入した情報や誤操作で登録されてしまったものはここから削除が可能です。

表示できるのは

  • 取引単位の時系列履歴
  • 商品別の販売数
  • CSV出力

その他1

 ひとまず設定画面からユーザー設定を開いて

 pixivプロフィールを公開するをオフ

購入してくれた人にpixivのプロフィール情報を公開するかを設定出来るのですが、私はひとまずオフにしておきました。(現金決済の時はそもそも関係ないですけど)

その他2

 アシスタント機能

この機能を使用すると他の端末同士で同じ商品リストが共有出来ます。試してませんが複数人でレジをやる際には個別設定の手間が省けそうです。

なお、自分のアカウントで複数台を使い分ける場合は、特に何もしなくても情報が共有されている状態です。

気になった事とか

全体的に可もなく不可もなく、といったところ。

釣銭の計算が出来なかったり、在庫管理がない為、「限定5個」とか「現品のみ」といった形態を取りづらいというのがあります。

一時的に非表示にしたり「完売」といったラベルが付けられると嬉しいかも。