作画にShadeを実験導入

今まで難しい立体は、パースガイドやCheeta3Dを利用していたのですが、もうすこし作画用の線画を得られる物はないかと探していたところ、Shade3Dを試してみることにしました。

丁度描くのが難しい場所があったので、早速作図してみたり。

 線画出力

 線画出力(陰線あり)

 トゥーン出力

 こんな感じの画面

Shade3Dは大昔に触ったことがあったのですが、当時はベジエ?自由曲線?といった感じで、マニュアルを読んでも理解出来ませんでした。

それからだいぶ経ちましたが、改めて触った感じは(ソフトウェア自体がバージョンアップしているというのもありそうですが)思った以上に使いやすい印象を受けました。

これなら小物や背景を描くのに使えそう。