Colladaフォーマットについて

タグ:

ここ一週間前後、GodotEngineで使用する為にColladaフォーマットを調べていました。

Colladaは現在Khronos groupが保守をしているXML形式のデータフォーマットで、色々なソフトウェアでサポートされているのですが、形状以外の出力はあまり積極的な対応がされていない様です。(とはいっても高価なソフトウェアを試しているわけではありませんが…)

自分が調べた範囲でのColladaのサポート状況

Cheetah3D 6.3.2

読み込み

実装されていない。

書き出し

MacOSXのプレビューにアニメーション付きで表示される。

メッシュ(形状データ)

出力される。

スキン(ボーン)

出力される。

モーフ(頂点アニメーション)

出力されない。

Blender 2.78

読み込み

メッシュ、スキン、モーフ、全て読み込める。

書き出し

名称に日本語を使用している場合は、UserInterfaceを日本語表示にしておく必要がある。

XMLの出力時に適切なエスケープがされていない箇所があるため、名称に「”」「<」「>」といった文字が含まれると破損したXMLファイルが生成されてしまう。(Shape Keysで確認)

メッシュ(形状データ)

出力される。

スキン(ボーン)

出力される。

モーフ(頂点アニメーション)

出力される。

Metasequoia 4.5.9

読み込み

日本語を使用していると文字化けが発生する。文字化けは自分が書き出したColladaファイルにおいても発生する。

書き出し

メッシュ(形状データ)

出力される。

スキン(ボーン)

出力されない。

モーフ(頂点アニメーション)

個別の形状データとして出力されてしまう。

結果

文字コードの問題かもしれませんが、読み込みについてはどのソフトウェアもまともに実装出来ていない(自分が書き出したものを読み込む事が出来ない)感じがします。Collada自体の仕様が煩雑なためかもしれませんが、もうすこしまともに読めて欲しい…

自分が使ってみた、上記のソフトウェアの中ではBlenderが一番まともに入出力が行えました。

個人的にはCheetah3Dがモーフ出力に対応してくれると嬉しかったり。