CUDAの導入

自宅のiMac環境にCUDAを導入してみることにしました。

CUDA導入の目的はKerasを使用するためなのですが、結論を先に書くとiMacではメモリが少なすぎてまともに動作しませんでした。

導入手順

CUDA

まずはNVidiaからダウンロードしてインストール

https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

 インストール中…

CUDAのインストールが完了したら、cudnnの方もダウンロードしてインストールを行います。

(cudnnにはユーザー登録が必要です)

cuDNN

cudnnにはインストーラがありませんので、展開したフォルダ内のファイルを適切な場所に配置します。

デフォルト設定でインストールした場合は、それぞれ以下の場所にコピーを行います。

  • lib -> コピー先は/Developer/NVIDIA/CUDA-8.0/lib
  • include -> コピー先は/Developer/NVIDIA/CUDA-8.0/include

アプリケーションが利用するCUDAとcuDNNは特定の組み合わせが前提となっている事があります。

この記事を書いている時点では、tensorflow-gpu(1.1.0)が要求するライブラリはCUDA 8.0 + cuDNN v5でした。

ライブラリパスの指定

アプリケーションはライブラリパスを頼りにライブラリを探します。アプリケーション実行前に、以下の設定が必要です。

export CUDA_HOME=/Developer/NVIDIA/CUDA-8.0
export DYLD_LIBRARY_PATH="$CUDA_HOME/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH"
export DYLD_FALLBACK_LIBRARY_PATH="$CUDA_HOME/lib"
export PATH="$CUDA_HOME/bin:$PATH"

.

カテゴリー Mac