Toon Boom Harmony

Toon Boom社のHarmonyがバージョンアップしていたので、久しぶりにインストールしてみました。

アニメを作成したい…ではなく、海外の制作環境で実績があるツールの動作を見てみたかった、というのが理由です。

 こんな画面です。

アニメーション作成ツールというのは、機能や目的毎に幅広い種類があり、日本だとRETASが有名な気がしますが、もしかしたらアニメーション制作会社毎に独自のパイプラインがあるのかもしれません。(OpenToonzがかつて、スタジオジブリの社内で使用されていた様に)

用途や機能特化を含めるとLive2D, E-moteといったものもあります。

Toon Boomは複数人での分業に特化しているように見えます。まずは業務をStoryboard ProHarmonyに分離して、Harmony内を目的にあわせてカスタマイズ、データ(アセット)はHarmony Serverで管理するといった具合に。

複数のソフトウェアを組み合わせても可能ですが、同じ会社のソフトウェアで統合環境を実現する方が(依存してしまうという問題はありますが)ソフトウェア間の組み合わせや相性問題を考えなくても良いという利点はありそうです。

自分の感想は「VisualStudioみたいなものかな?」といったものですが、アニメの制作現場に関わった事がありませんので勘違いしてるかも。

ところでHarmonyは筆圧に対応しているのですけど、筆圧に対応した線の強弱を表現が、中心線からの半径ではなくて、太さにあわせた二点間の距離で保持されていて、後から線をいじって太くしようとすると、エッジそれぞれを別途動かす必要がありました。

そういうもの?

.

そういえば、はじめてToon Boomを使用した時にトレス機能を呼び出すとタップ位置と一緒に謎の円が描かれていたのですけど、海外だとターンテーブルになっているのが普通?

こういうやつ(Bing Search)