PureRefを導入してみました

絵を描くとき、大抵なんらかの資料を見ながら描く事が多いです。

自分はArtRageを使用しているので、参照用画像を任意の場所にピン留めする機能があるのですけど、少し前に複数モニターの環境にしたので、専用のアプリケーションを導入してみる事にしました。

PureRef

http://www.pureref.com

参照画像表示専用のビューアです。

起動すると以下の様なWindowが表示されますので、あとは好きな画像を放り込むだけです。

 起動した状態

上図では全画面になっていますが、普通にWindow表示も可能です。

背景は濃度の異なるグレーが用意されていますが、カスタマイズ可能です。背景を透明にすることも出来ます。

 

 回転・拡大縮小・矩形で切り取り・上下左右の判定が可能です。

ショートカットキーを覚えないとちょっとつらい部分がありますが、慣れてしまえば好きな様に配置出来ます。

自分用にカスタマイズしたショートカットキー(覚書)

左マウスボタン + Z … 拡大縮小(Scale)

左マウスボタン + F … 反転(Flip)

左マウスボタン + R … 回転(Rotate)

 

カテゴリー Mac