GodotEngineを使ってみる(2)

昨年のリリース以降遊ぶ時間が無かったのですが、少し遊んでみました。

まず手始めに知りたかったのは、シーンの切替方法。

一番簡単な方法としては、Autoloadチュートリアル(wikiだとtutorial=singletons)に記載されている方法。

  • プロジェクト設定にある、Autoloadを使用して、事前にスクリプトを読み込んでおく。
  • スクリプト内に関数を用意しておく。
  • シーンを切り替える際は、スクリプトを呼び出すことで
extends Node

var current_scene = null

func _ready():
        var root = get_tree().get_root()
        current_scene = root.get_child( root.get_child_count() -1 )

func goto_scene(path):

    # This function will usually be called from a signal callback,
    # or some other function from the running scene.
    # Deleting the current scene at this point might be
    # a bad idea, because it may be inside of a callback or function of it.
    # The worst case will be a crash or unexpected behavior.

    # The way around this is deferring the load to a later time, when
    # it is ensured that no code from the current scene is running:

    call_deferred("_deferred_goto_scene",path)

func _deferred_goto_scene(path):

    # Immediately free the current scene,
    # there is no risk here.    
    current_scene.free()

    # Load new scene
    var s = ResourceLoader.load(path)

    # Instance the new scene
    current_scene = s.instance()

    # Add it to the active scene, as child of root
    get_tree().get_root().add_child(current_scene)

任意のスクリプトから切り替えたいシーンファイルを呼び出し。

#add to scene_a.gd

func _on_goto_scene_pressed():
        get_node("/root/global").goto_scene("res://scene_b.scn")

この方法だと、リソースの読込が完了するまで固まってしまいます。

「読み込み中」といった表示を行う場合には

https://github.com/okamstudio/godot/wiki/Background%20loading

を参考にすると良さそう。