ArtRage でペン入れ

ArtRage でペン入れをしてみたい…

ペン入れ作業をするのであれば、マンガ原稿作成に特化したソフトウェア[1. 例えば CLIP STUDIO PAINT]を使用する方が効率が良さそうですが、慣れたソフトウェアを使用したいため ArtRage でペン入れをしてみることにしました。

ペン入れはリリカルマジカル18のサークルカットを使用しました。

base_image こちらが元画像(下書き)

解像度を 300dpi に変更

まずは描画時の解像度を 300dpi(自分の場合 144dpi で描いているため、288dpi)にします。自分にとって 144dpi は描きやすい解像度なのですが、 144dpi でアンチエイリアス無しの設定だと、ちょっと書きづらい…

300dpi では印刷向けとしては不足しているのですが、 potrace での変換を考慮しているため、変換する事が出来ればあとは拡大してしまうつもりです。(potraceはモノクロ専用のトレースソフトですので、アンチエイリアスが聞いていると、線が途切れてしまったり思っていた太さの線が得られません。)

というわけで描いてみたもの

trace_test01 アンチエイリアスなしで描画

線の強弱は擬似的につけているので、場所ごとに太さがまちまち…

トレースにかけてみる

trace_test02 potrace 適用後

解像度を上げただけあってわりと良い感じかも…

同程度の縮尺だとあまり違いがないのですけど、ベクトルデータに変換したことで高い解像度の線画を得る事が出来ました。

解像度を上げたぶんだけ繊細な線が得られるのですけど、そのまえにもうすこしきれいな線がひけるように練習をするべきかも。(もっとも、奇麗な線がひけるのであればこんなことしなくてもよいのですけど…)

最近のリリカルなのは INNOCENT

久しぶりにリリカルなのは INNOCENT を再開しました。

たまに忘れた頃に遊んでいるのですけど、 StrikerS からナンバーズが登場してます。(ワンドロでも何回かネタにしました。)

現時点で登場しているキャラクターは9人で、それぞれ「スカリエッティ家」と「中島家」の家族として登場しているのですけど、ちゃんと StrikerS や Vivid での設定を考慮したものになっているようです。

そんなわけで、ちょっと表にまとめてみました。

carim_sheet StrikerS と INNOCENT の比較。

というわけで、聖王教会に所属しているキャラクター達は設定通りに未登場です。

これはもしかしたら、カリムさんが登場する可能性も?

ちなみに、この表は Apple Numbers で作成しました。(これが言いたかっただけ)

 

ArtRage 4.5.2 がリリースされました

いくつかのバグが修正されています。

  • MacOSX 上でファイルエクスポート時に PNG または PSD ファイルのエクスポート時にクラッシュする可能性があった問題を修正しました。
  • Windows 上で 64bit 版の ArtRage を実行している際に、ユーザーの権限設定によって、警告通知とクラッシュする問題に対応しました。
  • スクリプトの再生中にストロークの描画が異常に重くなる問題を修正。
    (うまく訳せない)
  • スクリプトの再生が途中で停止してしまう問題を修正しました。
  • スマートクオーテーションを使用している際に、再生エラーが発生している問題を修正しました。

わりと適当な訳ですけど。

http://www.artrage.com/faqs/artrage-4-update-history/

 

今日のらくがき

昨日に引き続いてヴィヴィオちゃんを描きました。

…と、実はヴィヴィオを描こうとしていたわけじゃなくて、落書きをしていた途中からヴィヴィオにしたため、状況がなんだか謎な感じになってしまいました。

viviochan よくわからない状況…

自分で描いておいてなんですけど、なんか滝みたいなものを描こうとしていたようです。

…もっと水の量を描いた方が良かったかも。

[wpdm_file id=45]

ワンドロの手直し

以前ワンドロで描いた、オリヴィエとヴィヴィオを描き直しました。

リリカルなのは StrikerS の時点で、ヴィヴィオは聖王オリヴィエのクローンだというのが明かされているのですけど、元となったオリヴィエや古代ベルカについてほとんど語られる事がありませんでした。

オリヴィエについては、ついにリリカルなのは Vivid で具体的な描写がされました。

…案の定悲しい話ではありましたけど、そういった人々の歴史の上に今(なのは達が生きている世界)があると思うと、架空の物語といえど、なかなかに感慨深いものがありました。

この二人がもし一緒の時間にいたら面白いだろうな、といった思いで二人を一緒に描いてみました。

vivi_and_vivio_2 新しく描き直しました。

vivi_and_vivio_1 こちらは以前に描いたもの。

絵は単にトレースしなおしただけなのですけど、解像度を少し上げてみました。

ところで、この二人と対になるキャラクターとして、クラウスとアインハルトがいるのですけど、こちらのふたりも一緒に描くと面白そうかも。

ただ、どんな表情をさせたらいいのいかがちょっと思いつかない感じ。

[wpdm_file id=44]

サークルチェッカーを更新しました

サークル数が多くなると、サークルリストの表示にやたらと時間がかかっている問題に対応しました。

改善箇所

いままではテーブル生成に insertRow を使用して律儀に一行づつ入れていたのですが、サークルチェッカーのテーブル生成は読み込み時の一回しか行われないため、この箇所を、単純な HTML 生成に変更しました。

具体的にやっている事は、 table 内の html 要素を一旦文字列のリストとして生成した後に、対象の table に対して id 指定で流し込むという手法です。

手元の初代 iPad で確認したところ、 comitia 109(a) といった、巨大なサークルリストも待たされずに表示されるようになりました。

お気に入りのリストも insertRow で処理していたので、同じく HTML の流し込みに変更しています。

お気に入りリストを多用されている場合はこちらも改善されているかと思います。

BD-1 を買いました

少し前から自転車が欲しかったので、この度、思い切って買ってみました。

購入したのは Riese und Müller の BD-1 Classic(Red) です。

rm_bd1 折りたたみ自転車です。

折りたたみ自転車を買うのはこれが初めてだったのですが、車輪が小さくてもかなり快適!

…ではあるんですけど、乗り始めると気になる点がいくつか。

サドルがちょっと固い

微妙に前傾姿勢になるためなのかもしれませんが、ちょいとサドルが固く感じました。長時間乗り続けるつもりはないのでたいした問題ではないのですけど。

買ったばかりはパーツごとの組み合わせが固い

良い意味でパーツがしっかりと結合しているのかもしれませんが、結構変形させるのが思ったよりもスムーズではありませんでした。ホイールの取り外しもやや辛いのですけど、ブレーキパッドが少し摩耗すれば問題なさそう。

スタンドがない

自立が出来ないのは、ちょっと辛い。

キックスタンドがオプションパーツとして存在しているようなので、別途購入すれば問題解決しそうですけど。

とまぁ、いくつか気になる点はありますけど、全体的に買ってよかったと思いますし、移動範囲がものすごく広がったのでこれからが乗るのが楽しみです。

カレー食べました「もうやんカレー」

新宿のもうやんカレーを食べてきました。

mouyan 300g

二週間煮込んだというのが特徴なのだそうです。

自分はキノコカレーにチーズトッピングを頼んでみました。

辛さやご飯の量も選択出来るので、一緒に食べた友人が10辛を頼んでましたがさすがに辛そうでした。

ただ、10辛を食べた後に自分の5辛(普通の辛さ)を食べると甘い感じがしたので、ちょっとぐらいは辛めの方が美味しく食べたかもしれません。

ミルン

ドラゴンクロニクルというゲームに登場するミルンというキャラクターです。

ウェブサイトの絵を参考に描いてみたのですけど、ずいぶんと違う雰囲気になってしまいました…

mirun_01 ミルン

知り合いと懐かしいゲーム話をした時に、折角だからちょっと描いてみてよ〜と言われて描いてみました。懐かしいゲームキャラクターはたまに描いているのですけど、ドラゴンクロニクルの絵は描こうと思った事もなかったので、難しいですね。

描く前から(あ…これ無理じゃないかな…)と思っていたのですけど、やっぱり単なるコスプレした人みたいになっちゃいました。

 ArtRage 4.5 用のファイルをダウンロード

[wpdm_file id=42]