Windows Azure Pack を試してみたい

Microsoft から Windows Azure Pack というのが公開されています。

これを導入すると、 Windows Azure と同様のサービスを独自に展開出来るようになるということで、試してみました…と言いたいところだったのですが、導入するには色々と準備が必要なのでまだ試せていない状態です。

導入に必要なソフトウェア

  • Windows Server 2012 R2
  • SQL Server
  • System Center 2012 R2
  • System Center 2012 R2 Orchestrator
  • System Center 2012 R2 Orchestrator: Service Provider Foundation

必要なサービス

  • Active Directory

結構多いかも。

Windows Azure Pack 「だけ」をインストールするだけなら、 Windows Server 2012 R2 + SQL Server Express という構成があれば、インストール自体は完了するのですが、意味のある機能が提供出来ません。(そもそも、小規模の環境にインストールする意味はないでしょうけど)

手元には System Center を構成する環境がなかったので、いまのところここで停止中。

その他の方法とか

仮想環境の管理を行うには、 System Center Virtual Machine Manager を使用する方法もあるのですが、こちらを導入するには SQL Server Standard や Windows ADK が必要になります。

Hyper-V の管理を行うのであれば、単純に Hyper-V Manager を使えば良いんだけど。(Windows 7 や 8 だったら RSATかな)