リリマジ26お疲れ様でした

イベントお疲れ様でした。と言うことでブログを更新しました。

今回出した本について

KiSEKAE miX

ツイッター等で少し触れていますが、自分が描いた冒頭のテキスト付きイラストは、適当に服を着せているのでは無く、なるべく声優が同じ方になるように選びました。

Wikipediaやピクシブ百科事典を頼りに演じられているキャラクターを探して、プレイしたことのあるゲームは記憶を頼りに、未プレイのものはガイドブックを買ったりしてテキストの参考にしました。

元ネタの雰囲気を出しつつもそれぞれのキャラクターらしさが出せていたら良いな、と思っています。

以下、シーン毎の追加コメントとか。

about> SCENE:1

フーカにメイド服を着せてみたかったのと、ジムの掃除とお屋敷の掃除を重ねてみたかったもので。

説明をろくに聞かずに勢いで始めてしまった為、フーカ自身も自分が置かれた状況がよくわからず、不思議そうな表示をさせてみました。本人は格闘技をするつもりでしたからね。

ラムはフーカの事を「レム」と認識していますが、これはフーカが設定を何もせずにいきなり始めた為だったり。

about> SCENE:2

フーカは島風ではなく、島風の格好をしているだけですので、島風の推力を最大にしちゃうとバランスをとり切れず、派手にこけちゃいました。

フーカが先に始めてしまった為、リンネはSCENE:1では参加出来なかったのですが、Re:ゼロに出したらエミリアがかなり似合いそうです。でも二人で揃えるならラムかな?

ノーヴェの戦闘スタイルから、アイススケートも得意な事にしてしまったのですけど、ノーヴェって結構色々出来そう。

about> SCENE:3

アインハルトが扮しているシエルの服装は、形は違いますがいつも来ている学校の制服と色合いが似ていてかなり馴染んじゃいました。一方ジークが扮しているアリサの服装は、ジーク自身のバリアジャケットを連想する形態です。

この絵はTwitterに投稿した下の落描きが元になっています。

ライバルとして拳を交える事が多い二人ですが、今回は共闘することに。

この場面では、アインハルトさんが素手で突っ込んでいますけど、シミュレーションである事を理解して、敢えて素手で挑んでいる…はず?

話をこのまま続けたら、バレットエディットの面白さに気づいて原作のシエル同様、バレットシステムについて熱く語り始るアインハルトと、その長話を延々と聞かされるジーク、みたい場面もありそうです。

about> SCENE:4

ゲームを遊んでいないと「階段滝」がどんな場所なのか判らないかもしれません。

ゲームを始めるてすぐのマップです。“階段”滝というだけあって、登っていくと遠くまで見渡せる場所があり、ウィルがセネルに遺跡船について説明をする場面があります。

ヴィヴィオが扮しているのはノーマというトレジャーハンターなのですが、ここではコロナと一緒にみた景色がささやかな宝物という事にしてみました。

コロナが扮しているのはエドナという別のシリーズに登場するキャラクターなのですが、2018年のテイルズフェスでエドナ(福圓美里さん)が参加されていて、場所も遺跡船だったそうですので、コロナにはエドナの格好になって貰いました。

セネルは当時異色の近接格闘キャラクターでしたので、多分二人の動きをみて素人ではなさそうだな…と思いながら、シャボン玉や傘といった妙な武器で戦う二人をみて、どう判断して良いのか判らないといった状況です。

about> SCENE:5

リオは物怖じしない性格だと思うのですが、やっぱりもの凄いオーディエンスを前にしたらこうなっちゃうかも?

外部からキリエがNPCに艤装してアクセスしているといった様子です。でもVivid Strike!の世界ではエルトリアってどういう扱いなんだろ…今回は余り深く考えずに劇場版にあわせて登場させちゃいました。

元ネタがオンラインゲームですので、「遠隔地からアクセスしている」「(リオからみて)知らない人とでも一緒にパーティープレイが出来る」という要素を入れてみました。

about> SCENE:6

最後はシャリーのアトリエから。ユミナを描いたのですが、二人の錬金術士の物語ですので、ポストカードにアインハルトを描きました。今回描いた中でユミナの服装が最も似合っている気がしています。

なんとなくアインハルトさんは手先が器用じゃないか、どうにも細かい作業をするのがあまり得意では無いような気がするのですけど、ユミナとクロゼルグに手伝って貰うといった描写にしてみました。

苦手そうではあるけど、作ることそのものは好きなんじゃないかなとか思ったり。

クロゼルグ自身が魔女なので、改めて魔女の姿に扮するというのも面白い気がしたのですけど、良い感じに描けませんでした。

.

ところでVividSummerのコメントにある元の水着絵というのはこちらです。Pixivで公開していますけど、こちらにもはりつけておきました。

.

テキストをつけると場面が固定されてしまい、イラストだけの面白さがちょっと失われちゃう気もしますけど、テキストを気にせず自分なりの場面を楽しんで貰えたら嬉しいです。むしろ、この場面ならもっと別のリアクションが展開されるはず…!みたいなのを聞いたり読んだりしてみたかったりします。

あと、カバー絵・表紙絵と同じイラストが本文にも掲載されているのですけど、人によってはわざわざカバーを外さないだろうと思い、念を入れて本文側にも掲載しました。

心配なら折り返しか本文にでも書いておけば良かったのでは…(今更)

おふろdeひみつ

お色気要素は以前の本でもたまに入れていましたが、今回R18有で申請していたこともあり、そのものの内容を描いてみました。相変わらずマンガとなると線が雑になっちゃってますけど。

普段の作風からすると、かなり異質(というか下品)な内容となり、「え?芸風が違う…」って思われた方もいたかも。別名義を作ろうとか思っていたのですが、別に商業作家でもないし、往生際が悪い気もしましたので、いつも通り水凪工房で通しました。

今回はコマ割をせず、全ての絵を描いてから線を引いてマンガ風に仕上げてみました。この描き方はなんだか自分に合っていた様で、機会があれば線を整える方法と併せて試してみようと思います。

マンガとしては「4コマ」「ギャグ」「ストーリー」「アダルト」と描いてみましたが、どのジャンルも特有の難しさがありますね。

お礼とか

なんと今回も色々と差し入れを頂いちゃったりしました。

本やグッズを手に取って頂くだけでも充分に嬉しいのですが、こうして気にかけていただけるのは感激です。

ありがとうございます〜!

.

前回はサークルスペースがカオスすぎたと思い、抑えたつもりだったのですが、もっとスリム化したいです。

あと午後になってお菓子を配ったり挨拶をしたりしたのですが、

  • 後半、誰にお菓子を配ったのか訳が分からなくなった。(管理すれば良いのでは…)
  • 自スペースでの対応作業と挨拶で頭がいっぱいで、本やグッズを買いに行くタイミングを逃してしまった(アホすぎでは…)

やっぱり、ちゃんと自分がまわるためのリストを作らないと…

pixivPayをインストールしてみました

うちのサークルは商品点数が多いので、少しでもレジの負荷を緩和できないかなと思っていたところ、pixivPayのレジ機能が使えるかも…ということでインストールしてみました。

pixivPayで出来ること

pixivPayは販売(店側)と購入(客側)の両方を兼ねているアプリとなります。

 トップ画面

利用するにはpixivアカウントと携帯電話番号(番号を登録するとSMSで番号が通知されてくるタイプの認証が初回にあります)が必要です。

QRコードを読み込んで決済する場合は「支払う」を選択する事でQRコード読み取り画面になります。

今回はレジとして利用するので下部メニューからマイページを選択します。

 マイページ

マイページを開くと取引一覧を管理する画面が表示されます。

レジなので商品の管理を選択します。

 商品管理画面

(上図では既に商品一覧が表示されています)新しく商品を登録する場合は、下部メニューの商品を登録から、編集する場合は商品をタップします。

  登録と編集画面

商品は「写真」「商品名」「値段」「成人向けか」の4項目を設定出来るのですが、全てが設定されていないと登録出来ません。

その場で写真を撮影するのでなければ、事前に問題のない画像(例えば単なる白画像)を用意しておくのが良いです。

 マイページ

登録が終わったらマイページに戻って、今度は販売を開始するをタップします。

 レジ画面1  レジ画面2

先ほど登録した商品画像が表示されます。

タップすると左上に数字が表示されて、現在の合計金額が下部に表示されます。誤って選択してしまったりした場合は、画面を下にスワイプしてから戻すとリセット出来ます。

個別にキャンセルする場合は、後述のお会計するをタップした画面で行います。

商品が全て決まったら、お会計するボタンをタップします。

 お会計画面

決済方法は現金とQRコードが選択出来ます。

商品リスト横にある×ボタンを押すと、リストから削除出来ます。

現金ボタンをタップとその時点で「確定」となってしまいますので、商品やお釣り等諸々を渡した後で押すのが良いです。

ただ、レジシステムとして考えると「お預かり」という段階がない為、おつり計算は自分でやるしかありません。

電子決済にする事で「お預かり」や「釣り銭計算」という手間を省くのが目的なので、そう言うものかもしれません。

ただ、現金 -> お預かり(受け取った金額の記入画面と釣銭表示画面) -> 確定といったフェイズがあると嬉しいなと思いました。

 マイページ

マイページから販売したものを選ぶと販売した商品の履歴を管理する事が出来ます。

  

テストで購入した情報や誤操作で登録されてしまったものはここから削除が可能です。

表示できるのは

  • 取引単位の時系列履歴
  • 商品別の販売数
  • CSV出力

その他1

 ひとまず設定画面からユーザー設定を開いて

 pixivプロフィールを公開するをオフ

購入してくれた人にpixivのプロフィール情報を公開するかを設定出来るのですが、私はひとまずオフにしておきました。(現金決済の時はそもそも関係ないですけど)

その他2

 アシスタント機能

この機能を使用すると他の端末同士で同じ商品リストが共有出来ます。試してませんが複数人でレジをやる際には個別設定の手間が省けそうです。

なお、自分のアカウントで複数台を使い分ける場合は、特に何もしなくても情報が共有されている状態です。

気になった事とか

全体的に可もなく不可もなく、といったところ。

釣銭の計算が出来なかったり、在庫管理がない為、「限定5個」とか「現品のみ」といった形態を取りづらいというのがあります。

一時的に非表示にしたり「完売」といったラベルが付けられると嬉しいかも。

リリカルマジカル26情報

2018年11月11日のリリカルマジカル26に参加予定です。

circlecheck運用中

元々機能は実装されているのですけど、サークル編集機能を利用するためのログインボタンを判りやすいところに移動させました。

今まで通り、ツイートにハッシュタグ「#リリマジ + #お知らせ」を埋め込む事による自動リンクも可能ですが、ログインする事で直接追加・編集・削除が可能です。

お品書き

新刊

KiSEKAE miX

なのはキャラクター達を物語の世界に飛び込ませてみました。

 

 本文の一例

物語…という程ではないですが、こんな感じで構成されています。

物語を知らなくても、普段着なさそうな服装をしているキャラクター達を楽しんで貰えたら良いなと思います。元キャラクターとの比較をしたり、元ネタを参照しやすいようにどのキャラクターがどんな役に割り当てられているのかも記載しています。

ページ数を増やしたりカバーをつけてみたりしたら、いつもより値段があがってしまいました…

おふろdeひみつ

成人指定の内容については、PixivまたはPowooを参照してください。

既刊

DotA Watercolor

イラスト集を兼ねたArtRageの使い方メモです。

イラスト集として見るとやや内容は薄め。水彩風CGを水彩っぽく見せるにはどうしたら良いかと思い、ちょっと厚めの紙に印刷してもらいました。

Blade of Sture

カリムさんというよりも、実質アインハルトさんの話。

オリヴィエやクラウスを描いてみたかったもので…それにしても自分が描くクラウスはちょっとかっこよさが足りないかも。

占え!カリムさん3

占え!カリムさんシリーズの三冊目と前回の話とつながっている様ないないような…

前作については再販予定がありませんが、本文のみWebページで閲覧することが出来ますので、カリムさんの活躍(迷走)が気になったら是非どうぞ。

レイヤードしおり

 

ちょっとHな三枚重ねのしおり。

フェイスタオル

 

ユミナさんとコロナちゃんのフェイスタオル。

布地がアイボリーっぽい色なので実際はここまで色鮮やかではないです。

その他

 リオちゃんめがねふき

 アインハルトさんダイスき。

 コマったらアインハルトさん

 かさばるから持ち込めないかも…

順次更新中

.

Tweetのリアルタイム取得

Twitter APIのstatuses/filterを使用して、リアルタイム取得を擬似的に行えます。

動作確認はPython 3.6で行いました。

config.jsonにはTwitterの認証キーを設定します。

 

リリカルマジカル26向け作業

最近あまり絵をアップしていないのですが、リリカルマジカル26向けに絵を描いてます。

前回の本はイラスト + ArtRageの解説本でしたので、絵よりも説明が多めでした。

今回予定しているのはイラストにちょっとしたお話(キャラクター同士のやりとり等)を加えたものを考えています。(絵本の一場面だけを抜き出した感じ?)

描き中なので変わるかもしれませんけど、こんな感じです。

  • フーカ@レム(Re:ゼロから始める異世界生活)

  • アインハルト@シエル(GOD EATER 2)
  • ジークリンデ@アリサ(GOD EATER 2)

  • ヴィヴィオ@ノーマ
  • コロナ@エドナ

これに場面描写のテキストが入る予定です。

ブックインデックスのパスデータ

ブックインデックスのパスデータを置いておきます。

B5の同人誌を整理したい人がいましたらご自由に使って下さい。

 ひとつのアクリル板から2枚作れます

  • アクリサンデー板:IR432 強化乳白半透明
  • サイズ:SS 320 x 180mm
  • 厚み:1mm

自分はアクリル板のカッティングにはGCC LeserPro VENUSIIを使用しているのですが、結構サイズがギリギリです。

 

久しぶりの加工作業

B5の薄い本を棚に収めるとき「仕切りが欲しい」と思ったときはないでしょうか。

例えば「作家別」「ジャンル別」といった分類です。

仕切り方としては、型紙やクリアファイルを間に挟み込んだりといった方法がありますが、出来ればかっこよく仕切りたいものです。(自分だけかもしれませんが)

前置きが長くなりましたが、久しぶりにレーザーカッターを使用してアクリル板をカットしてみました。

タグ部分は引っかけてつまみやすい様になっています。

肉抜きしている部分はデザインではなくて、差し込むときに奥が完全に密着しない様にしています。(単に気分の問題…)

B5のサイズよりちょっとだけ小さいです。

三年ぶりにPotrace GUIを更新

GitHubで公開している Potrace GUI を久しぶりに更新しました。

Potrace GUIを簡単に説明すると、コマンドラインから使用する二値画像のベクトル化ライブラリである、 potrace をPyQT5でGUI化したものです。

プログラム自体はオリジナルのpotraceをそのまま使用していますので、動作には別途 potrace が必要です。

Windows版(amd64)のみ、potraceのバイナリを同梱しています。

 さりげなくUIも修正していたり。

 ツールバーのボタンで変換前と変換後を切り替えられます。

もう少し判りやすい図を。

主に不具合の修正をしているのですが、幾つか機能追加をしています。

  • 実行時にpotraceを確認し、見つからない場合はダイアログ表示を行うようになりました。
  • BMP以外の画像形式(jpegやPNG、TGA)に対応しました。
  • 別途インストールが必要だったpotraceを同梱しています。(x86_64 Windows版のみ)
  • 現在の変換設定を使用しての、複数ファイル変換が可能になりました。
  • 変換元と変換後の画像を切り替えが可能になりました。
  • リアルタイムプレビューの更新頻度を下げる事で、UIの応答性を向上させました。

Windows版(amd64)は、以下からダウンロード可能です。

https://github.com/MizunagiKB/potrace_gui/releases/tag/v0.2.0

WindowsMRデバイスを買いました

今更VRという気がしないでもないですけど、Acer AH101を買ってみました。

Windows MR用のデバイスなのですが、Windows Mixed Reality for SteamVRを導入する事でSteamVRのコンテンツを利用出来るようになります。(どの程度の互換性なのかは不明)

以下の様なアプリをAH101で動かしてみました。

  • V☆カツ
  • Project LUX
  • Fallout 4 VR
  • HALO: Recruit

Fallout 4 VRはなかなかに疲れます。

遊ぶのも大変だけど、作るのも相当大変そうな気もする…

V☆カツを動かしてみた時のスクリーンショット

 某ハルトさんぽい何か。

 

動作環境

SteamVRはこの環境で動作させています。

  • CPU: intel Core i7-7700 3.60GHz
  • Chipset: intel H110
  • Memory: 16GBytes
  • Graphics: NVIDIA GeForce GTX 1070 8GBytes
  • OS: Windows 10 Professional 64bit

イース8のリコッタちゃん

エンディングにたどり着いたので、記念に描きました。

クリア後は、リコッタで釣りをするゲームとして遊んでます。
大物を釣ったときの嬉しそうな顔がかわいいです。

でも、リコッタだと深いところに入ると身長が足りなくて溺れてしまうのであった…

個人的に面白かったところは「アドル」という人物と彼の冒険家という職業が、他人からどう見えているのか、と言う点に触れられていた事です。

今回の導入部を遊ぶと、やっぱりそう見られているのか〜みたいな、世知辛さを感じたり感じなかったり…

Switch版プリパラを遊んでみたり(1)

Nintendo Switch版のプリパラを遊んでみました。

子供向けのゲーム筐体が元なので、全体的に難易度も低めで操作も簡単(そりゃ自分がターゲットじゃないですからね)

子供向けだからというのもあるでしょうけど、服やキャラクターのデザインが派手目で判りやすい物にしているのかな?って気がしています。

なんとなく作ったキャラクターが微妙にジークちゃん感ある…